念願の低速圧搾ジューサー♪腸が超喜ぶ!繊維質までおいしく

学生時代からなぜか健康志向の私。 今は沖縄で住んでいて、真夏でも水分は常温でいただきます。
酵素玄米を毎日、ヨガも大好き、40才と言っても誰も信じてくれないほど若くなっています。

そんな私ですが、前からずっっと欲しかった低速圧搾ジューサーを手に入れたんです!
さっそく使いましたがもうこれは一生使い続けると確信した愛用品まちがいありません。

野菜のもつ酵素、繊維は腸が喜ぶことは今では誰もが知る事実。 だけど今の野菜には昔よりも栄養価が低く、
さらに野菜の吸収率は40%とも言われ平均350g必要 なのにこれはもう大変なことです。。。

野菜ジュースを買い続けるのも経済的によろしくなく、調理で工夫をしても加熱で酵素を失いたくなかったんです。
CMで見て、絶対これだ! と思い続けて3年。 日本製の16000円台での圧搾ジューサーが出ました!
買わない理由はありません。 これで一生病院にもいかなくていいかもしれません。
この商品のすばらしさをぜひ感じていただきたいのです。

ミカン2個、人参1本! これだけ!
人参はカレーで使用するサイズに切るだけ。 みかんは食べるときの状態のままポイポイ投入。
低速だから泡立ちせず、空気も混ざらないのでコップ内で液体が2層にわかれないんです。
高速ジューサーの常識が覆るのも時間の問題かとおもいますよ。

とにかく美味しい! 甘い! 人参の本当の味。 身体が喜んでいるのがわかるんですよね。
一気に流し込まず、やはり唾液酵素での分解が必要なので、噛むようにおいしく味わうのが私流。
だって、普通人間はこんなに一気に酵素が胃に届かないでしょ? 唾液も立派な消化酵素のひとつなのですから。

おいしく味わったあと、絞り出た繊維質。 これはヨーグルトにまぜていただくんですよ!
乳酸菌が喜ぶオリゴ糖をかけて、繊維たっぷりの乳酸菌プレーンヨーグルト♪
腸の超ごちそうだと思います♪ 腸がキレイはお肌もキレイ。 脳と密接な繋がりのある腸さんにも本当感謝です。

友人に提供しても大絶賛。 美味しくない訳がないんです。
大人数で作る際に出る絞り繊維はなんと! 醤油やみりん、鰹節などをまぜて軽く炒めてあげると
繊維満点のふりかけにもなるし、煮詰めて佃煮的なものにもなっちゃいます。

皮を剥いて調理、煮込んで酵素を壊して。 こんな今までの野菜がすべていただくことができちゃうんですよ!?
とても素晴らしい時代に生きられていることすらにも感謝感謝で大空に羽ばたきそうな勢い♪

動画でも「 低速圧搾ジューサー 」で検索するとその効率の良さがよくわかります。
高速ジューサーと比較した動画もありますが、ブドウだと半分の量なのに、倍の速さでジュースが完成するのが圧搾式です。

驚きと新発見の連続、そして毎日腸が喜びカラダも若々しくいられる。
車で言うなら、超高性能のエンジン(ジューサー&身体)に最高質の燃料(ジュース&繊維)を使っているのと同じかも!?
あとはセルフケアで運動を続けて楽しく生きられる、こんなすばらしい商品は今まで無かったです。

農家さんにも感謝♪ このおいしい野菜を育んでくれる地球にも大感謝ができます♪
ありがとうございます。おすすめサイト>>>>>スカルプシャンプー

春の会話に耳を傾けると平和な時間に

最近は天気もよくて外を歩いていても気持ちが良いので、よく散歩をしています。そうしますとたまにいろんな人の会話から楽しいネタが飛び込んでくることがあります。

先日あったのは、たまたま僕の後ろを歩いていたサラリーマンの二人。先輩後輩なのでしょう。一人は敬語でしゃべっていました。
「いやー、今日の会議は長かったですね、眠くなりそうでしたよ」
「まあな、ただ一ヶ月の結果報告だけで一時間半は長いよな、オレは本気で寝たぜ」
どうやらお暇な会議があったようですね。そして話は続きます。

「昔はテレビゲームは一日一時間と決められていたものだ。会議もそうであってほしいよな」
「いやー、懐かしい話ですね。うちもそうでしたよ。ほんと会議も見習ってほしいですね」
「はーっはっはー」
二人して爆笑が起こりました。とても盛り上がっています。

まあ正直、話の繋がりもないし、どこか面白かったのか僕には全く理解できませんでしたが、とりあえず笑えることは良いことだし平和だなと思いました。

「さて、じゃあ昼飯から食べてちょっと昼寝でもするか」
「いいですね、そうしましょう」

貴方たち、また寝るのですか。
よく寝ますね、しかし。
それが一番面白かったと僕は思いました。よく読まれてるサイト⇒セノビック 何歳から

赤ちゃん本舗の「一歳のお誕生日会」に行って来ました

この間、姉と姪っ子と一緒に、赤ちゃん本舗が開催している「一歳のお誕生日会」に参加してきました。
一歳になったばかりの子供を対象に、将来占いをしたり、一升餅を背負ったり、写真を撮ってくれるのです。
非常に人気のイベントらしく、予約受付の日は姉がパソコンの前で数分前からスタンバイし、時間になったらすぐ予約をしたと言っていました。
数分後にはもう予約の枠は埋まっていたと言っていました。
私はビデオ係として、ずっと姪っ子の姿を撮影していました。
将来占いでは、七つのアイテムからボールを選んでいたので、姪っ子は将来「スポーツ選手」になるとのことでした。
一升餅は頑張って背負っていました。やはり重いせいか、泣いてしまう子がたくさんいましたが、姪っ子は頑張っていました。
姪っ子の他には7組来ていました。皆本当に可愛い赤ちゃんで、微笑ましくなりました。
姪っ子も終始とても機嫌が良く、ハイハイで他のあかちゃんの元に遊びに行ったりしていました。
中には人見知りのせいなのかお母さんにずっとベッタリの赤ちゃんも居ましたが、その子はその子で赤ちゃんらしくて本当に可愛かったです。
私も今年の夏に出産予定ですので、どんな赤ちゃんが産まれてくれるのかとても楽しみです。よく読まれてるサイト>>>>>https://peraichi.com/landing_pages/view/allerknight-plus

冬の煮込み料理は、なぜか幸せな気分になります

冬に作る煮込み料理って、なんで幸せな気分になるのでしょう。
特に幸せっていうわけでもないのに(笑)。
不幸せなわけでもありませんが。
作って煮込んでいる時も、食べる時も幸せ感があるように思います。
今日は大きなキャベツを買ってしまったので、使い切るために
キャベツが異常なくらい多いポトフを煮込んでいます。

ポトフは超簡単なのでよく作ります。
ベーコンを油で炒めて、鶏肉か牛肉か豚肉を入れて。
ベーコンは必須。ないと、あっさり過ぎてさみしい味になります。
今日はかたまり肉はどれも高かったので、豚の細切れで作ってます。
野菜は、冷蔵庫のあまりもの、なんでも好きなもの入れてOK。
今日はキャベツ半玉、さつまいも、玉ねぎ、大根を入れてます。
あとはローリエとコンソメキューブを入れ、塩こしょうして、ぐつぐつ煮込むだけ。
大人っぽい味にしたい時は、白ワインも入れたり。
出来上がりにウィンナー入れるとおいしい。
明日、残ったポトフでスープスバゲティにしたり、ご飯入れて洋風雑炊にしても美味しいし。
残ったポトフにカレー粉入れてスープカレーにしたり、トマト缶と水煮大豆を投入してトマトシチュー風にすることも。
使いまわしもできて、ポトフって優秀。
カロリーも低いから、思いっきり、遠慮なく食べれるし。
野菜メインだからヘルシーだし。
そこも幸せを感じます。

ポトフ煮ている間、部屋にポトフの香りがただようのも、幸せな感じというか。
ちゃんとご飯作ってる自己満足も味わえます。
超簡単だけど。
だいたい、テレビでシチューのルーのCMしてたりするけど、あのCMもいつだって幸せそうです。
外は雪が積もってるけど、家族みんなでにこやかに、朗らかに食べているパターン。
煮込み料理って、やっぱり幸せなイメージなのかしら。
心もからだもあったまる、お財布にも、からだにもやさしいポトフ。
手間がかからないところも主婦の味方。
ポトフを作るから幸せなのか、幸せでないにしても不幸ではないからポトフが作れるのか。
美味しいポトフが食べれるなら、とっちでもいいか(笑)。あわせて読むとおすすめ>>>>>https://peraichi.com/landing_pages/view/exlegslimer3